カッコイイ男のファッション

10〜20代のイケてる男子だとルームウェアを着こなすメンズが多くなってきています。
よくあるセットアップやB系のスウェットなどはかなり通販でも多く取りあげられています。
Adidasなどのスポーツメーカーのゴージャスセットアップやサーティーンジャパンなどのセットアップがこの層では人気です。

 

また、海外セレブ系のルームウェアでエドハーディーというのもかなりオラオラ系ルームウェアとしては人気があります。
どうしてもこのルームウェアで街を歩こうとすると、コワモテ系に見られがちなのですが、ギャルウケするならこれが必須になりそうです。

 

男子も女子も同じ人気が出ているオラオラ系のセットアップはどうしてもイケメンとギャルにウケるおしゃれファッションになってしまいます。
最近の女子は若くてイケてるメンズを探すのはセットアップなどのルームウェアを着こなしていることを条件にしていることもあるので、女子ウケを狙うのならばセットアップを着こなしましょう。
特にヒップホップやB系でなくてもこのファッションで着こなしていると、やんちゃな行動派の男子に見えて頼もしさを感じてしまうのが女子ウケがいいそうです。
草食系男子が多いと言う中で、まだまだ男子はこういったオラオラ系のルームウェアを着こなすメンズが求められていますよ。

メンズルームウェアで安眠

男性に、夏場どのような服装で眠っているかというアンケートを行ったデータがあります。
そのデータによると、37.7%がジャージやスウェット、Tシャツと短パンといったスタイルで眠っているようです。
次いで多いのがパジャマで36.6%、下着のみが32.8%となっています。
このように、ジャージやスウェット、Tシャツと短パンといったスタイルが、男性には広く睡眠時の服装として普及しているようです。
しかし、Tシャツと短パンといったものは、あくまで日中の生活用に作られた洋服です。
その為、パジャマのように眠りの為に作られた服装の方が、より快適に眠る事ができると言えるでしょう。

 

ジャージやスウェット、Tシャツと短パンといったスタイルで眠っているのは、男性の中でも特に20代に多いというデータがあります。
何と、20代の男性の53.5%がこのスタイルで眠っているそうです。
つまり、20代男性の半分以上が、着用していない事になります。
また、30代でも46.9%と高い数字になっているので、働き盛りの男性ほどパジャマを着ていないと言えるのではないでしょうか?

 

パジャマは、安眠に欠かす事ができません。
寝ている間は、新陳代謝が活性化し、起きている時よりも汗をかきます。
その為、化学繊維で出来た洋服を着て眠っていると、通気性や吸湿性が悪く、決して衛生的とは言えません。
不衛生な状態では寝苦しさを感じて、安眠する事は難しいのではないでしょうか?
働き盛りで疲れが溜まりやすい年齢の時に、安眠できないのは大変つらい事です。
翌日まで疲れを持ち越してしまっては、いずれ仕事に支障をきたす事となってしまうでしょう。
その為、化学繊維ではなく、通気性や吸湿性に優れたコットンや麻などの天然素材を使ったものが、眠りには最適と言われているのです。

 

また、女性のものとは異なり、ダサイというイメージを若い男性はパジャマに対して抱いているのではないでしょうか?
もしそうであれば、それは大きな誤解です。
最近では、メンズルームウェアというジャンルが確立されています。
その為、メンズルームウェアを専門に取扱うブランドもあるほどです。
つまり、ダサイというイメージが古臭いものとなっているのです。
なかなか自分好みのものと出会う事ができないという男性は、是非メンズルームウェアをチェックしてみて下さい。
きっとオシャレなデザインのものと、出会う事ができるはずです。